漫画「37.5℃の涙」についてネタバレあらすじを書いています。37.5℃の涙から子育てについてたくさんのことを学んでいきましょう。

37.5℃の涙 ネタバレ 【子供をさらに愛したくなる内容です。】

スポンサーリンク
スポンサー


120352

37.5度の涙の感想。

 

病児保育士という職種があることを
この漫画ではじめて知りました。

 

病児ではありませんが、
うちの近くにも
発育障害の子どもさんを預かる施設があり、

 

小学校の運動会には
その施設の子どもたちもいっしょに
参加するという行事がありましたので、

 

その子たちを引率する職員の方々が
とても細かく神経を使いながら
子どもをケアする姿を見る機会があり、
とても大変な仕事だな、
と思った覚えがあります。

 

 

おそらく、病児保育士の方々は
それ以上に神経を使いながら
働いておられるのでしょうね。

 

物語の中でも
急な発熱で熱けいれんを起こす場面がありますが、

私だったら頭が真っ白になって
何も出来ないんじゃないでしょうか。

 

命を預かる専門家というものが
こんなにも責任感と使命感に
燃えていると感じ入りました。

 

前述のうちの近くの施設の関係では、
この施設に子どもさんを入所させるために
わざわざ近くに引っ越して来られる家族もあるそうで、

やはり専門施設は専門家がおられるので
自分の子どもを預けることに関して
親として安心なのでしょうね。

 

この物語の主人公の熱い情熱を見てそう思いました。

 

物語にもあるように、
本人だけでなく家族、
特に母親の心労は想像もできませんが、

この主人公のような人のケアを受けている、
と思うだけでも自分自身が癒されるのだと思いました。

 

37.5℃の涙は
子供について色々考えさせられる内容だと思います。

 

37.5℃の涙を読み終えると
子供が今まで以上に大切で愛せる。

 

そんな思いを与えてくれますね♪

 

 

 【無料試し読みはこちら♪】
↓   ↓   ↓
クリック♪

女性_スマホ_ポイント

 

まんが王国で「37.5」と検索してください♪ 

 

 

 

 

 

 


スポンサー


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


六 − 6 =