漫画「37.5℃の涙」についてネタバレあらすじを書いています。37.5℃の涙から子育てについてたくさんのことを学んでいきましょう。

37.5℃の涙を読んで子育てが凄く楽になりました。

スポンサーリンク
スポンサー


119068

タイトルにもなっている37.5℃とは、
子どもが熱を出したときに
保育園に行くことができるかどうかの基準となる体温です。

 
仕事をしている親にとって、
急に休むことができない仕事の人ほど、
子どもに保育園に行ってもらいたいと考えてしまいます。

 
それが、子どもにとっても良くないということは、
もちろん理解をしています。

 

理解をしているからこそ、考えてしまうのです。
この37.5℃の涙の漫画の中に、
外で仕事をしている母親ではなくて。

 

自宅で仕事をしている母親の話がありました。

097868

母親は、漫画家で自宅が作業場となっていました。

 

外に働きに行っている母親とは違い、
24時間母親が近くにいるといったことは子どもにとって、
とても嬉しいものだと思います。

 

少しでも自分のことを見てもらいたい、
母親と一緒にいたいと思ってしまうのが子どもではないでしょうか。

 

この話の中で、
子どもが仕事に必要な原稿を破ってしまい
母親が怒ってしまうといったところがありました。

 
私は今、自宅で仕事をしている身なので、
自分のことのように思えました。

 

常に子どもにかまってあげればよいと思う反面、
常に子どもがいるので仕事が思うようにはかどらない時があります。

 

そんなときは、私も声を出してしまいますが、
結局子どもにとって母親や父親の存在は大切で
かけがえのないものなんだと
改めて気づくことができました。

 

 

子供の大切さが分かる漫画です。

 

きっとこういった悩みを持っている方も多いですよね。

 

子育てで悩んでいる方には
是非読んで頂きたいです。

 

心がとても楽になれますし
この悩み、私だけでは無かったんだ。

って思えて孤独さが無くなる作品です。

 

37.5℃の涙は子育てで悩んでいる方に
是非読んで頂きたいです!

 

 

無料試し読みもできますので
是非読んでみてくださいね♪

 

 

 【無料試し読みはこちら♪】
↓   ↓   ↓
クリック♪

女性_スマホ_ポイント

 

まんが王国で「37.5」と検索してください♪ 

 

 

 

 


スポンサー


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


1 − = 零