漫画「37.5℃の涙」についてネタバレあらすじを書いています。37.5℃の涙から子育てについてたくさんのことを学んでいきましょう。

37.5℃の涙のあらすじ【子育てについて学べる漫画です】

スポンサーリンク
スポンサー


120352

こんにちは。
サイト運営者の「まりめ」です。

2児のママです。

 

 

現代の子育て問題を書いた漫画
37.5℃の涙を読んだので
そのあらすじと感想を書いていきます。

 

 

37.5℃の涙が教えてくれる子育ての問題点

 

37.5℃の涙は
現代の子育て中の家庭にとって、
課題となっている問題を提議した
内容となっている作品だと思います。

 

 

普段仕事を共働きでしている家庭にとって、
子供が病気になってしまった時ほど
困ることはないのではないでしょうか。

 

困ると言ってしまったら
聞こえが悪いかもしれませんが、

 

仕事もなかなか休みにくいし、
休んでしまったら白い目で見られるし。

 

親族で頼れる人が近くにいない人は、
本当にどうしたらいいか
わからなくなってしまうのではないでしょうか。

 

113165

 

子どもはかわいそうだけど、
保育園に行ってもらわないと困る!

 

そう思って泣く泣く熱があっても、
保育園入園告げずに
登園させてしまった親もたくさんいるはずです。

 

そんな時頼りになるのが病後児保育。

 

37.5度以上の子供を預かってくれます。

 

わかります。

 

病気の子供を預けるなんて可愛そう?

 

仕方ないんです。
預けないと生活できないんですから。

 

114213

この漫画からは、
辛い葛藤みたいなものを感じます。

 

 

そして難しすぎる問題提起。

 

何が悪いのか。
私も病後児保育を
利用したことがありますので、
この漫画のお話、
特に1話のお母さんは
我が身のようで読んでて辛かったです。

 

 

余裕がないんですよね、

 

子供が傷つくことを言ってしまってもきづけない。

 

 

ワーキングマザーに読んで、悩んでいる、

こんなこと思いたくないのに思ってしまう自分が
いやとせめてしまっている人たちにぜひ読んで欲しい作品です。

 

 

みんな同じなんだよと。

 

 

37.5℃の涙は
まんが王国で無料試し読みすることもできますので
まずは無料でどんな内容かチェックしてみてください。

 

長く無料試し読みできるので
まんが王国はお得です。

 

 

 

 【無料試し読みはこちら♪】
↓   ↓   ↓
クリック♪

女性_スマホ_ポイント

 

まんが王国で「37.5」と検索してください♪ 

 

 


スポンサー


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


× 一 = 6