漫画「37.5℃の涙」についてネタバレあらすじを書いています。37.5℃の涙から子育てについてたくさんのことを学んでいきましょう。

37.5℃の涙 2巻を読んで【子育てについて考えさせられた巻】

スポンサーリンク
スポンサー


男の子_小学校入学

こんにちわ。
まりめです。

bioremamagao_320

 

 

37.5度の涙、

だいたい1話完結で
ハッピーエンドで終わる話が多い1巻と違い、

2巻は今後どうなるのか気になる話がありました。
そして、なぜか警察が多く登場する巻でもありました。

 

 

第6話では杉崎桃子のお兄ちゃんが登場。
このいじわるなお兄ちゃん、

最後には“お母さん”に連絡をして助けを求めています…

 

いじわるなうえに
マザコン気質も持ち合わせているようです。

 

094914
そしてだんだんと桃ちゃんが笑うときに
ひきつってしまう理由がわかってきました。

 

保育士として共感できた5話。
“マニュアル”と“生身の人間の気持ち”の間で
揺れることは仕事上多々あります。

 
仕事としてはマニュアルを重視すべきですが、
保育士だって人間である以上気持ちも持ち合わせています。

 
また子どもは“なまもの”ですので、
マニュアルに寄り添うのが正しくない場面もあります。

 
過去のできごとからマニュアルを徹底して守る、
でも現状を歩放ってはおけないめぐみさんの葛藤、痛い程共感しました。

 

 

今回とても癒されたのは
7話の登場人物、瑞希ちゃんです。

 
笑顔がとってもかわいいのです。
作者の椎名チカさん
娘さんがいらっしゃるとのことで
自宅で仕事をする自分の葛藤も描いたのかな?
と深読みしてしまいました。

 

8話では今話題?
もう時代遅れ??の壁ドンも登場!!

 
お子様の心に寄り添い、
まっすぐで一生懸命な桃ちゃんに
心を開いたのは子ども達だけではなかったようです。

 

37.5℃の涙は本当におもしろくて
学べる漫画です。

 

これから自分がどうしていきたいのか
どうやって子供を育てていきたいか。

 

色々考えさせられる素晴らしい漫画でした♪

 

 

無料試し読みできますので
是非スマホで読んでみてくださいね♪

 【無料試し読みはこちら♪】
↓   ↓   ↓
クリック♪

女性_スマホ_ポイント

 

まんが王国で「37.5」と検索してください♪ 

 


スポンサー


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


5 + 九 =